ピリオドのこっちがわ

さまざまな記録と想像

リラメルララメル

ランルララン。 会社で忙しく仕事をしている私は、除菌ウェットティッシュで磨き抜かれた漆黒のマウスを一秒間に左クリックを5回することができる。あまりの速さにマウスが上手く反応しないこともある。そんな時は脳の回転を意図的に低速にぶち込まなければ…

無いラーメン屋さん

地下鉄の終点にほど近い小さな駅で電車を降りる。 長いホームの端の長い階段をくだっていく。 ラーメン屋さんを探すことに決めていた。 みつからなくても良いと考えていた。 改札を出ると、西口と東口の看板が天井付近に設置してある。 人の行き交う構内を西…

ふらりうどんふらり

こしのあるもちもちの麺をすすっていましたinはなまるうどん。 退社した私は地下鉄に乗って帰路についておりました。電車の中でやっと一冊本を読み終わりました。読む力が衰えているような気がします。驚いたり負けたり、新しいことを知った気になったり感情…

ウインドウズ・ショッピング

それがどういう名前の感情なのかよくしらないけれども、ぶるんぶるんしている時にインターネットをしているといい服が欲しくなる。 服の写真を見て「このなんの変哲もないシャツを着こなせるのはおそらく――世界で私一人だろう」と思い、約一週間に渡って服の…

私の手は

いつだったか、たぶん公園でひとりでぶらぶらしているときだったか、木の棒を拾って振り回して遊んでいるときだったと思うけれど、木の棒ってすごくつかみ心地がよいことに気がつく。 木の棒は、樹皮が取れて乾き吸い付くような感触のものもあれば、ごわごわ…

月曜日が休日の日は

ルージュの伝言を聞いています。 私は魔女でも配達員でもありませんが、 ルージュの伝言はいつ聞いても気分がときめきます。"バスルームにルージュの伝言" あなたなら、そこになんと書きますか。 私ならば、"恥の多い生涯を送ってきました" 月曜日が休日の日…

音楽

音楽についてあまり詳しくはないけれど、youtubeで音楽を聞いていて気がつくことがあった。

善のサイコパス

友人に「今日はどこかへ行こう」とメッセージを送る、すると友人は「光」と返信をしてくる。光。それはおそらくPOSITIVE<肯定>を意味していた。私は電車の中でアフリカの人々の間で伝統的に続けられている性器を切除する習慣について書かれた本を読んでい…

梅雨

天気予報アプリを調べてみると、どうやらずっと雨のようである。そうなると私の気持ちも曇りがちになってくる。天気屋である。晴れた日は晴れた日で「陽射しが熱いから家にいようかな」と思うものである。これもまた天気屋である。となると結局夏、あるいは…

名探偵になりたかった

ミステリーを小説を読むのが好きな人は、頭の中にたくさんの名探偵が住んでいて、時と場合によって呼び出し、こういう時にあの名探偵ならこうするなあとか、考えることが出来るのだろうかと想像してみると、ほのかに羨ましさがある。 私は名探偵になりたいの…

体から熱が放射されている夜、足が触れている布団は私の体温よりも熱くなっている。私の体温以上に熱くなることはないはずだけれども、まるで布団自体が熱を放っているかのような感覚がして、必要以上にぼうぼうなさる。そんな夜は巨大な獣の上に寝ている気…

帰る家が無くなってから

20代のはじめに父が亡くなった。 癌だった。 1年間病床に寄り添った母は疲れきっていて、初七日を終えたあとは物も言わなくなった。私がどのように声をかけても悲しみの中から出て来なかった。 わが家の家計を支えていたのは父だったので収入は激減した。…

家でがぶ飲み

家で飲むものと思い浮かべてみると私、やっぱりがぶ飲みメロンクリームソーダしかない。 帰宅する道のりにある自動販売機できんきんに冷えてやがる悪魔的ながぶ飲みメロンクリームソーダの缶を、買う時に感じる多幸感は他ではきっと味わうことができない背徳…

よいホリデー(整備済)

変わらない日々は、生活の機能を低下させない努力で成り立っている。 目に見えるところや、見えないところで、様々な整備が行われている。 午前11時に目覚める。 並の休日ならもっと遅く起きるところだけれど、昨晩は早く眠ることができたので早起きできる…

2019年5月のまとめ

1北戸田のイオンへ。途中までは歩き、浮間舟渡駅から電車で北戸田に行った。ついてすぐいきなりステーキでワイルドステーキ300g 美味しいけど肉は固い。すごく上等ではないよね。ワイルドだからねという。白の無地のTシャツを買う。イオンを歩き回ってもの…

一日を終わらせるためにすること

ぼんやりしていると死ぬまで一日は、なが~く続いていくのかもしれないな、と私はスポーツドリンクをコップに注ぎながら考えた。スポーツドリンクは、スポーツドリンクという商品名で売られている飲み物で、それってよく考えたら犬に「犬」という名前をつけ…

せせらぎ

春の夜だった。 さっきまで降っていた雨はやみ、生ぬるい風が少しだけ吹いていた。 駅の自転車置き場の柵にもたれて立っていた。 弱った蛍光灯が薄青い光を落としながらぜえぜえ息を切らしていた。 家に帰るのが面倒だったから、柵にもたれて立っていた。 午…

音楽を聴き始める

音楽を聞くことに少し疲れ、思考運動の障害になるということに思い至ってから、耳栓をつけて生活をしていた。それはそれで心穏やかな沈黙の世界が創造され、何も刺激が無いということの心地よさは心の中の無人島で寝ているような感じがしてしまう。 帰宅して…

わたしのアイドル

私のアイドルはステージの上で不思議な踊りを踊っている。手足を派手にばたばた動かし、罠にかかった鳥が暴れているかのような、異様なダンスである。はじめてアイドルを見た時、私は彼の顔を恐ろしいと思った。眉間に皺を寄せて、歯をむき出しにして、舌を…

健康診断・オブ・ザ・デッド

私はゾンビなんですけれど、今日は健康診断がありました。 ゾンビなので、そんなものはどうでもいいと思いがちなのですが、やっぱり不健康というのはとても大事ですし、できれば塵になって消えるまで、ちゃんと腐敗していたいですよね。 ゾンビ活動の中で摂…

名前は。

いつから名前を呼ばれなくなったんだろう。 恥ずかしいことなのかもしれないけれど、もう随分下の名前で呼ばれていない。生活の中心にある仕事場で呼ばれるのは名字に"さん付け"だったし、時々顔を合わせる友人は愛称で呼んでくれはする。そういった呼ばれ方…

夢について

物語はまだ始まってもいなかった、というのを口癖にしていた僕は、人のいない高校の屋上の真ん中でラジオ体操第一をしていた。空は晴れていた。そして僕の気持ちは曇っていた。気持ちが暗い時はオアシスを聞きながらラジオ体操第一をすることにしていたから…

プロメアを見たあとの気持ち

月曜日でもないのに映画を見に行く日はとても楽しみ。 なぜならそれはとても見たい映画がある日だから。 最近だとAlitaを見た時は、月曜日じゃなかったと思うし、それはとてもにこにこしながら見てしまう。 何年も噂だけがあって、ハリウッドで作っていると…

愛について

「愛について書いてもよいよ」と、迂遠な表現でとある方に言っていただいた時(具体的には言われていなかった)、私の中に浮かび上がったのはアンパンマンだった。国民的ヒーローの持つ巨大な愛。それから何故かビートルズだった。想像力についての歌。そし…

よい休日

特に予定の無い日の過ごし方は、時間感覚の本質を現しているのかもしれない。 昼頃に起きる。どこへ行こうか考えながら洗濯をする。洗濯をしながら本を読んでいる。読んでいると眠たくなってくる。 寝る。 3時に再び起きる。目が3になる。ポリッピーとバナ…

釣り堀で考えたお話

ジェントルマンの先輩と、釣り堀で鯉を釣っている。 とてもほそっこい釣り竿に黄色い糸がついていて、黄色い糸は途中から透明な糸になり、透明な糸の先にはカラフルな鉛筆みたいなウキがついていて、ウキの先には黒い釣り針がついている。 釣り針に変な色の…

アイスを尊敬する

「おれはひどく冷たいやつだぜ」とアイスは言う。「だが、とても甘いぜ」 私はアイスを食べることがとても好きで、子供の頃から一日に3回はキッチンの冷凍庫のドアを開け、アイスが入っていないか確認するのを趣味にしている。お母さんがたまに冷凍食品の下…

あたかも雑誌を買うかのように

久しく雑誌というものを買っていなかったので、新しい知識の扉を開くためにも、ちょっと難しい雑誌を買ってみようと思い、月刊ムーを買ってみることにした。ムーを買う人達は、前世で何かとても重要な役割についていた人が多いように思うので、少しためらい…

感情の意味のなさ

すこし感情的になったあとに、マンタとか、でっかいエイとか、全然感情なさそうな生き物などを思い浮かべ、感情いらないのではないかと思って「私には感情がないんだ」と、感情がない人間のつもりで真顔でつけめん食べたらめちゃめちゃ美味しいのどうする? …

名探偵ピカチュウを観る

月曜日が休日の時は映画館に行くことにしている。 布団の中で目覚め、なんとなくほこりっぽいような暖められた空気が満ちる部屋の中が青年誌のマンガみたいな感じがするのをほうっておいて、布団の中でスマート&フォンを手に、わたくしはイオンシネマで上映…